ろくでもない「命」

誕生日を「干支」に置き換えて出した「命」というものは

主にその人の『人となり』を表している。

ちょっと政治家の方々の「命」を調べてみたら、

安倍総理もそうだけど、

殆どが自分のことばかり考えてて欲深い人ばかり。

政治家って、人格者がなるわけじゃないんだね。

次の総理になりそうな菅官房長官の「命」は

総理になるには、なんか弱々しくて、

ノイローゼ起こしそうにも見えるけど、べつに、操り人形だから良いのかね。

 

なんてことをお寺のお坊さんと話していたら、

最近のお坊さんの「命」もろくでもないのばっかりなんだそうだ。

あ、でも、平安時代までさかのぼってもお坊さんが

人格者だったことなんてあるんかい!

だって、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とか「坊主丸儲け」という

ことわざがあるけど、お坊さんって悪い意味の言い伝えしかないじゃない。

それって、昔から庶民に評判悪かったってことじゃないの (笑)?

 

そういえば、今まで人格者の「命」の人に会ったことが一度もない。

そんな人、この世に存在するのだろうか..

私の周りにはお坊さんの世界と同じく、ろくでもない「命」の人ばかり..(笑)。

だから毎日ストレスいっぱいなんだね。

人格者ばかりだったら、快適だろうなあ。

私が周りにストレスガンガン与えてたりして。